第13回交詢社オープンフォーラム

テーマ「緊張する台湾海峡情勢に日本はいかに対応すべきか

 
 交詢社は1880年(明治13年)福澤諭吉によって創設され、以来、「知識交換世務諮詢」の目的をかかげて様々な事業を展開しています。 当社の公益事業の一環として、ひろく一般来聴者を対象として教育・環境・医療・社会・経済等にわたる時事問題をテーマとする「交詢社オープンフォーラム」を平成21年より年に一度開催しております。

本年も、6月5日(日)第13回(テーマ:「緊張する台湾海峡情勢に日本はいかに対応すべきか」)を盛況裡に開催することができました。当日は、会場・オンラインともに多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。
 


令和3年開催のオープンフォーラムのダイジェスト映像は下のバナーからご覧頂けます。